朝ドラで演じる役といっしょに成長したい

新しい時代を担う素敵な女優が、またひとり生まれた。彼女の名前は、瀧本美織。特技は、「みんなに愛されること」。そう言いたくなるくらいに、彼女はまわりの人たちをなごませて、はじめて会った人に好印象を残す。

NHK朝ドラのヒロインと言えば、これまでに竹内結子・貫地谷しほり・榮倉奈々・多部未華子らを輩出して、人気女優への登竜門として知られる。そして、今年秋からスタートする新しい朝ドラマ『てっぱん』のヒロインに抜てきされたのが、ソニー損保のCMでも注目を集めている瀧本美織だ。現在ドラマの収録が毎日快調に行なわれている大阪におじゃまして、いろいろとお話をうかがった。

彼女が次期朝ドラ『てっぱん』で演じるのは、広島県尾道で育ち、やがて、大阪に住む祖母とお好み店を開く、ヒロイン・あかり役。

「撮影に入る前に1カ月間、演劇ワークショップに通ったり、役でやるトランペットと、お好み焼きを焼く練習もしました。あかりちゃんは自分と同じ年齢なので、役と一緒に成長できたらいいな、って思います」 瀧本美織は鳥取県で生まれ、現在18歳。高校2年生のときに原宿でスカウトされて、スターダストプロモーションに所属。竹内結子・柴咲コウ・北川景子らを育ててきたスターダストプロモーション芸能3部期待の新鋭として、女優活動のスタートを切った。

「子供の頃から活発で、男の子とまじってサッカーをしたりしてましたが、自分から前に出るタイプではなかった。たぶん、このお仕事をするようになってから、積極的になって、より自分を出せるようになった気がします」

 

演技は、未知数で予測不可能なのが魅力

素顔の彼女は、抜群に親しみやすい人柄と、つねに気配りを忘れない、まっすぐでピュアな性格が、接していても、とにかく気持ちがいい。彼女の魅力に触れた人は誰もが応援したくなる、そういうものをひめていて、幅広い年齢層が見る朝ドラにはうってつけの存在だ。この取材のための写真を撮っていた、大阪天満宮近くの商店街にある沖縄物産店で海ぶどうアイスなる商品を自分で見つけたときには、満面の笑みで、はしゃいでいた。そうした無邪気な姿は、あどけなさを残して、18歳という年齢よりも幼く見える。

だが一方では、この日、歴史的建築物としても貴重な大阪市中央公会堂で写真を撮っていたときには、レトロな建物の中で、しっとりした大人っぽい表情を見せた。子供にも大人にもなれるというのは今の年齢ならではで、同時に、女優としての適性の高さを垣間見せる。

「演技は、未知数ですよね。相手のお芝居を感じて、そのときそのときにどう演技で返すかは自分自身でも予測不可能で、魅力だと思います。演技をしていると、感性が研ぎ澄まされている感じがあります。たくさんのシーンを演じていることによって、18年間生きてきて知ってた感情もあるけど、こんな気持ち初めて…って思うこともあるので、たくさんの感情が自分の中で芽生えるのが面白い」

 

自分の土台は、白いキャンバスでいたいです

彼女の大きな特徴と言えるのが、すべてのことを心から楽しむことができるという点だ。大阪での取材当日はあいにくの雨となってしまったが、彼女は「傘を持って写真を撮るというのは初めてだったので、新鮮で楽しい」と言ってくれて、寒い思いをさせて申し訳ないなあと思っていた取材陣は救われた。「ポジティブシンキングです。お仕事でもプライベートでも、なんでも楽しめているな、って。罰ゲームも、けっこう楽しんじゃう(笑)。今は本当に楽しいです、毎日が。それがドラマの画面からも伝わればいいなと思います」 自分自身を漢字ひと文字であらわすとしたら?という問いに、彼女はこう答えた。

「ふたつあって、ひとつは、楽天的なので“楽”。もうひとつは、“白”です。いろんなことを吸収するために、土台は白いキャンパスでいて、そこにいろんな色を塗っていきたいという気持ちが強いです。まだ経験は浅いですけど、はじめての気持ちを大切に、いろんな役を演じて、どんな色にも染まることができる女優さんだね、って言われるようになりたいです」

 

自分が大好きなことをCMでもやってみたい

今後、CMに出るとしたら、どういう内容がいいですか?と聞いてみた。

「踊るのが好きなので、ダンスがしてみたい。好きなことを、CMでもやってみたいんです。食べることも、大好きですよ(笑)」

インタビューの答えを聞いていても、自分の言葉で表現していて、多彩な表現力と内面の魅力に惹きつけられる。朝ドラのオンエアが始まれば、さらに注目度が増すことは間違ない。彼女が今後、自分のキャンバスにどのような色彩を加えて、魅力的な女優に成長するのか、とても楽しみだ。

取材・文/高倉文紀(美少女評論家)

カメラマン/大久保啓二  スタイリスト/廣瀬規子  ヘアメイク/鉄谷亜樹

衣裳提供/DESIGNWORKS CONCEPTSTORE Armani Exchange

 
プロフィール詳細

    瀧本 美織

瀧本  美織

原宿でスカウトされ、現在の事務所に所属。
映画『彼岸島』のオーディションで、いきなりのヒロインの座を獲得し女優デビュー。
さらに、今年秋からスタートするNHK朝の連続テレビ小説『てっぱん』のヒロイン役に、見事!総勢1424名の応募の中から大抜擢される。デビューから飛ぶ鳥を落とす勢いで、躍進を続ける。

  • 生年月日
    1991-10-16
  • 血液型
    O 型
  • 出身地
    鳥取県
icon趣味•特技を教えてください。

趣味:カラオケ(椎名林檎さんをよく歌います)
お笑い番組を見る(爆笑レッドシアターが大好きで毎週録画しています)
ブログ(「みーちゃんねる!!」というブログをやっています)
特技:ダンス(TRFのSAMさんに教えて頂いていたので、基本的に何でも踊れます)
短距離走(運動会の100M走はいつも1位でした)

icon目標とするタレントさんは誰ですか?

竹内結子さんや麻生久美子さんのように何色にも染まれる女優になりたいです。
目標は「お笑いもできちゃう女優」です!!

iconどのようなCMに出演してみたいですか?

最近、コミカルなダンスが特徴的なCMがたくさんありますが、私もダンスが好きなので、CMで踊りたいです。
あとは、着ぐるみを着たり、奇抜でおもしろいことをやってみたいです。

事務所担当者コメント

都会の子にはなかなか見られないような清潔感と透明感のある子です。
十年後、芸能界に憧れる子達から目標とされる女優になって欲しいと思います。

■TV
平成22年度後期 連続テレビ小説「てっぱん」 ヒロイン 村上あかり役
2010年9月27日~O.A

■PV
ステレオポニー「はんぶんこ」 2010年2月17日発売

■CM
『ソニー損害保険株式会社』TVCM自動車保険 イメージキャラクター
2009年10月26日~O.A
■CM
『動脈硬化性疾患予防啓発キャンペーンCM』
2009年11月~2011年5月
(アステラス製薬株式会社・ファイザー株式会社)

■映画
『彼岸島』 ヒロイン ユキ役
(監督:キム・テギュン)
2010年1月9日公開
『食堂かたつむり』
(監督:富永まい 原作:小川 糸)
2010年2月6日公開
■PV
YUI「Never say die」
2009年10月7日発売

■書籍
SDP Bunko第3弾 森鴎外 「高瀬舟」
(表紙・巻頭グラビア)
2008年11月17日発売